変形性膝関節症が辛い・・・

膝痛の症状が起こる病気として、代表的な種類に変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)があります。
この病気には一体どのような特徴があるのでしょうか。

まず、変形性膝関節症になると、立ったり、座ったり、歩いたり、走ったりする際、初動痛と呼ばれる動き出すときに感じる膝の痛みが伴います。
また、階段や坂道の昇り降りをする際にも、膝が痛い思いをすることになるでしょう。
その他、膝を思うように動かすことができないというような、違和感を覚える人も大勢います。
なるべくなら、この段階で適切な対策を取り、病状が進行しないようにしたいところです。
というのも、変形性膝関節症の軽い頃というのは、痛みが自然に消えることがあるため、どうにか誤魔化し誤魔化しやっていこうとする人が多いのです。
結果無理をすることになり、病状が悪化し痛みが消えることが次第になくなっていきます。
ずっと膝の痛みを抱える状態に陥りますが、さらに悪くなると痛みが増大し、非常に苦しい思いをすることになるでしょう。
人によっては歩行が困難になったり、正座するのが無理になったりするのです。
なお、変形性膝関節症は、加齢により骨がもろくなること、膝への負担が蓄積されることなどが主な原因になります。
また、栄養状態が良くない人、運動不足の人、肥満の人、O脚の人なども、この変形性膝関節症を発症しやすいといわれています。
症状を自覚したら、無理にやり過ごすのではなく、それ以上悪化させないような対策をとりましょう。

変形性膝関節症に悩む人がとるべき成分

変形性膝関節症や関節痛で辛い思いをしている人は、栄養補給によるケアを試みてみてはいかがでしょうか。
栄養バランスの良い食事を摂る習慣付けを行うことが基本ですが、ここでは膝の痛みに悩む人に特に摂ってほしい栄養成分を挙げていくことにします。

変形性膝関節症のような加齢などによる膝の痛みに悩まされている人に摂ってほしいのは、コンドロイチン硫酸、グルコサミン、コラーゲンなどの栄養成分です。
中には馴染みのある栄養成分があると思った人もいるでしょうが、実はこれらの成分全てに共通していることがあり、軟骨の材料になるのです。そのため、これらの栄養成分を総称して軟骨成分と呼ばれることも少なくありません。

摂取したほうが良いことは分かったとして、次に気になるのは何に含まれているのかということではないでしょうか。

順に解説しますが、まずコンドロイチン硫酸はネバネバした食べ物に豊富に含まれているのが特徴です。
たとえば、納豆、山芋、オクラ、海藻類などにコンドロイチン硫酸は多く含まれているのです。
また、グルコサミンに関しては、カニやエビなどの甲殻類に多く含まれています。
それから、コラーゲンに関してはフカヒレ、鶏手羽、レバーなどにたっぷりと含まれています。

なお、これら積極的に摂りたい栄養成分は、若い頃は体内で作られているのです。

しかしながら、年齢の高まりに伴い量が減少するため、ある程度の年齢になったら外部から補給してあげないと不足しやすいのです。

膝のケアのためにも、ここで挙げた栄養成分を十分に摂りましょう。
毎日の食事の中で十分な量を摂取するのが難しい成分ですので、サプリメントを検討してください。

変形性膝関節症に効果的なサプリ・医薬品

変形性膝関節症や関節痛の治し方としては、膝に良い成分を補給することにより、痛みの対策を行うことが推奨されています。
特に変形性膝関節痛のような膝の痛みの場合、軟骨成分を摂ることが良いといわれています。

通常の食事からグルコサミンやコンドロイチンなどを補給することができれば良いのですが、十分な量を摂るのはほぼ不可能でしょう。
そのため、サプリメントや医薬品を摂取することにより、手軽に多くの量の成分を補給する人がほとんどです。

膝の痛みに効果的とされるサプリメントを選ぶにあたり、どういう点に注意すれば良いのでしょうか。
このような疑問を口にする人がいますが、目的に応じてサプリメントや医薬品を選ぶと良いでしょう。

まず、サプリメントは健康食品のため、症状などへの効果や効能を表示することが認められていません。
したがって、栄養補給を目的に摂取したい人におすすめです。グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸のように、膝に良いとされている成分が豊富に含まれているサプリメントなら膝を労わるための栄養補給がはかどるでしょう。

また、医薬品の場合には効果・効能が科学的に証明されていることから、表示が認められています。
このことから、膝の痛みを予防したり、改善したりと、症状をどうにかしたい人が利用するにはぴったりといえるでしょう。

膝の関節痛や神経痛のように、膝の痛みに効く医薬品が販売されていますので、そうしたものなら痛みに悩まされない日々を送ることも夢ではないのではないでしょうか。

なお、サプリメントや医薬品はインターネット通販で手軽に入手可能となっています。