グルコサミン&コンドロイチンとは

膝の関節通対策として積極的に摂りたい栄養成分の一つに、グルコサミンがあります。
このグルコサミンというのは、果たしてどういった特徴があるのでしょうか。

まず、グルコサミンとはムコ多糖類の一種に含まれます。
甲殻類の殻に多く含まれますが、カニやエビなどに特に多いといわれています。
このグルコサミンの役割は、軟骨の細胞を作ることにあります。
また、膝の痛みを労わるために摂取したい栄養素には、コンドロイチンも挙げることができます。
このコンドロイチン、正しくはコンドロイチン硫酸といいます。
これもグルコサミンと同様にムコ多糖類の一種に含まれる栄養成分なのです。
納豆、山芋、オクラ、海藻類などの食品によく含まれているといわれています。
コンドロイチン硫酸の役割は、関節に関していうと弾力性や円滑性を保持することにあります。
加齢により軟骨がすり減ると骨同士が摩擦を起こしますが、コンドロイチン硫酸はこの摩擦を防止するクッションとしての機能があるのです。
なお、グルコサミン&コンドロイチンのうち、グルコサミンに関しては、若い頃に長期摂取をした場合、軟骨を作る機能に悪影響が及ぶ恐れがあるといわれています。
グルコサミンは加齢により生成量が減少するという特徴がありますが、膝の痛みなどが気になりだす年齢に差し掛かってから十分な量を補給する習慣付けをしたほうが、元々体内にある軟骨を生成する能力を妨げることなく済みそうです。
コンドロイチンに関しては、歳をとると生成量が少なくなるという点は同じですが、若い人が長期摂取した場合でも特に問題になるようなことは今のところ報告されていません。