グルコサミン&コンドロイチンと一緒に摂りたい成分

軟骨成分として膝の痛みに良いといわれているグルコサミン&コンドロイチンですが、一緒に摂ると相乗効果が期待できる成分があるのをご存知でしょうか。
コラーゲンやヒアルロン酸を挙げることができますが、一体どのように良いのでしょうか。

まず、コラーゲンは軟骨を構成する重要な成分の一つです。
また、軟骨を作るだけでなく、軟骨を維持するのに必要な成分を運搬する役割も果たしているのです。
そのため、十分な量を摂取することにより、膝の痛みのケアに良い効果が望めるというわけなのです。
なお、コラーゲンと一緒に摂ったほうが良い成分があるといわれており、これにはビタミンCと鉄が挙げられます。
これらを共に摂取することにより、体の中でのコラーゲンの生成が促進されるといわれているのです。
それから、グルコサミン&コンドロイチンと一緒に摂取したほうが良い成分としては、ヒアルロン酸を挙げることができます。
まず、グルコサミンというのは、ヒアルロン酸の構成成分の一種となり、役割を果たしています。
一方、コンドロイチンはヒアルロン酸がない状態では、体内に留まることが不可能なのです。
グルコサミン、コンドロイチンは共にヒアルロン酸がないと上手く機能することができないといっても過言ではないとされているため、一緒に摂取したほうが良いと薦められているのです。
これらの成分は協力し合うようにして機能しているため、なるべく全て不足することのないように補給したほうが良いでしょう。